MENU

ゼファルリンとどちらにするか迷っています

ベクノール ゼファルリン

ペニス増大サプリのベクノールとゼファルリンですが、効果があるのはどっちなのでしょうか?
その増大効果については、配合されている成分で比較してみました。

 

ゼファルリンなどのペニス増大サプリは基本的にL-シトルリン、L-トリプトファンなどの成分がはいこうされているものが殆どのようです。
ベクノールもゼファルリンもL-シトルリン、L-トリプトファンの成分が配合されていることに変わりはありません。
この2つの成分はGHリリーサーと呼ばれる効果を発揮するもので、成長ホルモンの分泌をうながすことでペニスを増大させます。
ゼファルリンもどちらも同じ成分がはいっているのですが、ベクノールに関してはその成分の比率がもっとも効果的な比率になるように調整されているのが特徴のようです。
日本人でもっとも効果がでるように、その成分の比率を黄金比率に調整していうのだとか。
また、ベクノールにはオクタコサノールという独自の成分がはいっているのも特徴のようです。
オクタコサノールは渡り鳥がエネルギー源として利用している成分の一つで、渡り鳥が休みなしで何十キロという海をわたる秘密なのだとか。
この成分がペニス増大効果を増強してくれるようです。

 

一方、ゼファルリンには増大サプリに一般的なL-シトルリン、L-トリプトファン以外にも、マカやすっぽんなどの滋養強壮成分がいろいろと入っているのが特徴みたいです。
ゼファルリンには、すっぽん、マカ、朝鮮人参、マムシなど、いわゆる精力剤に入っている成分はすべて入っているといっても過言ではない感じです。
そのため、ゼファルリンはペニス増大の効果だけではなく、精力増強、早漏などにも効果を発揮しそうです。
中折れ、EDなど50代の男性にもゼファルリンは愛用されているそうですが、こういった精力増強成分が非常に豊富に入っているというのがその理由のようです。
ベクノールは比較的若い男性用、ゼファルリンは比較的年齢層が高めの男性向けの増大サプリといえるかもしれません。