ベクノールの正しい飲み方とは。効かない理由は実は飲み方にあった?

MENU

ベクノールの正しい飲み方とは。効かない理由は実は飲み方にあった?

ベクノールの正しい飲み方とは。効かない理由は実は飲み方にあった?

 

ベクノールとは、ペニス増大サプリのことで、「ペニス増大」「陰茎硬化」「精力増強」の効果が期待できるサプリメントです。
「成長ホルモンの分泌を促進させてペニスを増大させる」というキャッチコピーで売り出されており、主成分のGHリリーザーには成長ホルモンの分泌を促す効果があり、また、精力と性欲を強める働きがある成分も含まれています。
これらの成分により、精力・性欲が高まった状態でペニスに成長ホルモンが働くようになるため、ペニスの増大、陰茎の硬化に役立つと言われています。

 

このベクノールは、正しい飲み方をしないと効かない・効果がないと言われています。
ベクノールのパッケージ欄には、「1日2~3粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください」と記載されています。
しかし、ベクノールは成長ホルモンの分泌を促してペニスを増大させるサプリであるため、成長ホルモンが分泌する直前に飲まないと効果は出にくくなります。
そのため、成長ホルモンが一番多く分泌される寝る前に飲むのが一番効果的であり、ベクノールの恩恵を受けやすい飲み方となります。

 

ベクノールを朝や昼などに飲んでしまうと、せっかく取り込んだ栄養成分が、ペニスが勃起することがないまま体外に排出されてしまうこともあり、効果を感じにくいことも多くなります。

 

このような理由から、ベクノールは成長ホルモンが一番多く分泌される就寝前に飲むのが正しい飲み方であり、起床時やお昼に飲むのは効果が出にくい飲み方となります。