MENU

アミノ酸が大きくするのに重要らしい

ペニス増大 アミノ酸

ペニス増大サプリにはL-シトルリン、L-トリプトファンなどのアミノ酸が配合されているものがほとんどです。
ベクノール、ゼファルリン、ライゼックスなどの有名なペニス増大サプリの殆どに、これらのアミノ酸が配合されています。
これらのアミノ酸がペニスを増大させる効果があるということのようですが、なぜアミノ酸がペニスを増大させる効果があるのでしょうか?
一般的に、ペニスにかかわらず、身長など、体を大きく成長させるためには成長ホルモンの働きが必須になります。
成長ホルモンというのは、その名の通り成長のために必須なホルモンで、思春期ごろに分泌されるものです。
中学生ぐらいになると一気に身長が増える子供が多いのは、この成長ホルモンの分泌が中学生ごろに一気に増えるというのが、その理由だそうです。
この成長ホルモンはペニスを大きくすることもにも大事な役目を果たしているそうで、ペニスを大きくさせるためには、いかに成長ホルモンの分泌を増やすかが大事な鍵を握っているのだとか。
増大サプリに含まれているアミノ酸は、この成長ホルモンを増やす効果があるとのことです。
成長ホルモンはたんぱく質で、アミノ酸により構成されています。
増大サプリのアミノ酸は成長ホルモンの原料となるため、アミノ酸を摂取すると成長ホルモンが増え、ペニス増大効果につながるのだとか。
さらに、単に成長ホルモンの原料となるだけではなく、L−トリプトファン、L-シトルリンは成長ホルモンの分泌をうながすという効果もあるそうです。
この働きはGhリリーサーとよばれる作用で、ベクノールはこのGhリリーサーの作用が最大限になるように、L-シトルリン、L−トリプトファンの配合比率を調整しているのだそうです。
あそこを大きくさせるためには、アミノ酸が鍵を握っているということなんですね。

 

>>ベクノールを最安で購入するならこちら